2012年04月09日

おっさんが時間のずれた時計を背負い込むの図

ティファニーのアトラスクロック

今日も桜を撮影していたりしましたが、たまには別の被写体を探そうということで、新宿通りをぶらりと散策していました。

ふと上を見上げると、そこにはおっさんが時計を背負い込んでいる像がありました。
撮影時はお昼休みなのに、時計は10時5分を指しているので、時間がずれています。

この像を見たとき、ふと既視感を覚えました。
この構図のおっさんをどこかで見かけたことがある気がします。
そう、ギリシャ神話で世界の天井を支えているといわれる、あの神様です。

そう・・・あの・・・えーと・・・ググレググレ
えー、アトラスですね。はい、知ってましたとも。

建物の名前も見ずに帰ってきてしまいましたが、後からネットで調べてみると、
像のあった建物は「ティファニー」という有名な宝石ブランドでした。
そして、時計を支えているあの像は「アトラスクロック」と呼ばれているらしいです。
ぶっちゃけ、このとき「アトラス」という名前を思い出したんですが、あの像を見てアトラスだと思ったのは本当ですよ。

撮影場所は新宿通りのだいたいこのあたりです。


大きな地図で見る
posted by nikuniku at 16:08| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿3丁目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。